やりがいあるバイトを始める!面接では元気に挨拶

やりがいあるバイトを見つけ隊!

やりがいあるバイトを見つけ隊!とは?やりがいのあるバイトの見つけ方、注意点など、楽しくバイトをするためのお役立ち情報を紹介するサイトです。

やりがいあるバイトを見つけ隊!

PICKUP

学生バイトにとってのやりがいとは

学生バイトにとってのやりがいとはせっかくバイトを始めるなら、やりがいを持って取り組みたいものです。学生バイトにとってのやりがいを紹介します。

面接では元気に挨拶しよう

面接では元気に挨拶しよう

バイトを始めるためには面接を通過する必要があります。とはいえ難しいことをするのではなく「きちんとした服装」と「きちんとした挨拶」などの基本ができれば大丈夫です。面接に臨む際の注意点について知っておきましょう。

面接ではまず服装に注意しよう

バイトの面接に臨む前に服装についてチェックをするようにしましょう。バイト先によっては「茶髪NG」「ピアスNG」という職場もあります。これらのことは募集要項に掲載されていますので事前に確認をすることが大切です。また茶髪OKとはいってもどの程度の明るさまで許されるのかは職場の責任者の主観によって違います。ネットなどを駆使してできるだけリサーチをして許される範囲の色味に抑えるようにしておきましょう。
面接に臨む服装の基本は「不快感を与えない」ことが最低条件になります。男性の場合は擦り切れたジーンズや薄汚れたシャツは不快感を与えかねませんし、女性の場合は大きく胸元の空いたシャツなどは避けた方がいいでしょう。アクセサリーについても控えめで上品なものなら大丈夫ですが、大きくごてごてしたイメージのものは避けた方が良いでしょう。ゴスロリなどの一部の人には嫌悪されてしまうようなファッションも面接では避けましょう。

どのようにチェックすれば良いか

不快感を与えない、そして清潔感のある服装と髪型で面接に臨むために事前に準備をしてみましょう。数日前に面接に臨む服と髪型になってみて大きな鏡の前に立ってみると良いでしょう。バイト先の人の目線を想像してどのような印象を与えるかを考えてみます。シャツが汚れていたりしわがあると採用担当者に良い印象を与えないかもしれません。また髪の毛がぼさぼさになっていると不潔だと思われるかもしれません。まだ面接の数日前ですので散髪に行ったりシャツを購入したりクリーニングに出すなどの時間はあります。面接に落ちて後悔しないためにもきちんと準備をしてから面接に臨むことが大切です。

大きな声で挨拶をしよう

接客の仕事に限らず挨拶はとても大切です。バイトとはいえ社会に出て働くのですからきちんとした挨拶ができることが大切です。バイトを始めた後、先輩に挨拶ができない人はなかなか職場に打ち解けずに浮いた存在になり早期の退職につながることもあります。バイト先の採用担当者もそのことを知っていますので、挨拶がきちんとできない人を採用しない傾向にあります。
挨拶の基本は「相手の目を見ること」と「大きな声を出すこと」です。これさえできていれば、たいていの面接は大丈夫というくらい大切なことです。相手の目を見ると緊張してしまうという人は、相手の眉間のあたりを見ているだけできちんとした印象を与えることができます。大きな声を出すためには、カラオケボックスなどで大きな声を出す準備をしておくと良いでしょう。できればそこに「笑顔」も加えることができると完璧です。しかしバイトの面接は緊張する場だということはバイト先の人も理解していますので、無理に笑顔を作らなくても問題ないでしょう。

面接では元気に挨拶しよう

アルバイトをしている方必見!